水道代が高いと要注意!水漏れ修理が必要になるサイン

水漏れ修理が必要となりやすい箇所をチェック

水漏れが起こりやすい箇所~被害を最小限に抑える~

作業員

事前に水漏れが起こりやすい場所や原因を知っておくことで、被害に気づきやすく、早期対応が可能になります。

被害が起こりやすい箇所とその原因

蛇口
水道の蛇口は、水漏れがしやすい場所として知られています。しっかり閉めているのに、ポタポタと水が垂れてしまう蛇口を見たことがある人も多いでしょう。こうした水漏れは、水道内部のパッキンが劣化してしまうことやナットの不具合などから起こります。
キッチン
キッチンの水漏れで特に気を付けたいのが、流しの下にある排水管からの水漏れです。排水管の劣化や詰まりなどで水漏れが起こりますから、流しの下に収納があるタイプの家に住んでいる方は、時々中の様子を確認するようにしましょう。
洗面台
洗面台で起こる水漏れの種類には、蛇口からの水漏れや、排水管の水漏れ、洗面ボウルや配管のヒビなどによる水漏れなどがあります。水漏れの原因には、蛇口周りのゴムの経年劣化や、異物の詰まりなどが挙げられます。
浴室
水が流れ出る場所の多い浴室では、水漏れが起こっていてもなかなか場所を特定するのが難しいこともあります。ゴムの継ぎ目部分や部品の割れ、異物の詰まりなどから、シャワーや蛇口、浴槽の水漏れが起こる場合があります。
トイレ
トイレの水漏れは、なんとなく不衛生で気になるものです。配管の継ぎ目がずれてしまうことや、経年劣化が原因で水漏れが起こります。水を流した時に、便器以外の場所に水が流れ出てしまう場合のほか、常に便器に水が流れ続けている場合も水漏れが起こっています。

冬は水道料金に注意~雨漏りが発生しやすい季節~

冬場は、お湯の使用量が増える傾向にあります。湯船にお湯を溜めるようになるほか、水がお湯になるまでしばらく蛇口を開けっぱなしにすることもあるでしょう。そのため、冬は水道代が上がりがちで、漏水に気付けないこともあります。ところが、冬場は水道管の凍結などによる水漏れが多い時期でもあります。早期に水漏れ修理ができるよう、日頃から水回りの状態を把握しておきましょう。

TOPボタン