水道代が高いと要注意!水漏れ修理が必要になるサイン

早めに水漏れ修理を行なわないことで起こる二次被害

水漏れ修理で懸念されるお金の話

水漏れは、住宅設備の腐食や不具合を引き起こす原因にもなります。単なる水漏れ修理ではなく、大規模な修繕が必要になって、大きな支出に繋がることも少なくありません。ここでは、水漏れが起こった時に、特に気を付けておきたい場所についてご説明します。

ダメージが蓄積しやすい場所

天井
天井は、意外と水漏れの影響を受けやすい場所でもあります。上階の水回りの配管が不具合を起こしていたり、屋根に問題があったりすると、天井から水が沁み出してきたり、内部が腐食してしまったりするのです。天井の水は壁を伝って家全体に影響を及ぼすため、早期対応が必要です。
床下には、家の基礎となる土台があります。水漏れが床から床下へと進んで行くと、家の土台を腐らせたり、柱が腐食したりする原因になります。また、床下の湿度が上がることで、カビなどの被害が起こる可能性もあります。

二次災害に繋がる恐れもある

健康被害
アレルギー体質の方や、アトピーの方などは、特に健康被害に注意が必要です。水漏れが起こると、家の中の湿度が上がり、床下や家の中にカビが生えやすくなるからです。湿気た嫌な臭いがするだけでなく、咳や喉の痛み、皮膚の痒みなどに繋がることもあるので気を付けましょう。
漏電
水の被害で特に恐ろしいのが、漏電です。コンセントに水がかかってしまったまま、濡れていると気付かないでプラグを差してしまうと大きな事故にも繋がりかねません。また、知らず知らずのうちに水漏れから漏電が起こり、火災に発展するということもあり得ます。

水回りに気を配ることで水道トラブルは未然に防げる

水漏れを早期発見して、大きなトラブルに繋げないためには、日頃から水回りの点検を怠らないことが大切です。水漏れは、ある日突然劇的に起こるというものばかりではありません。水道代に大きな変化もないのに、知らない間に少しずつ水が漏れていって、気付いた時には配管がサビで劣化していた、ということもあるのです。そうならないためにも、水回りの様子や排水管の状態を年に1~2度点検するようにしましょう。水漏れ修理業者でも点検をしていますから、専門的なチェックがしたい場合はおすすめです。

TOPボタン